2010年11月28日

お台場たこ焼きミュージアム

今回は娘も連れてお台場へ行ってきました。
目的は前回立ち寄れなかった「お台場たこ焼きミュージアム」ですよ。
場所はデックス東京4F。下町旅情あふれるエリア「台場一丁目商店街」と同じ階にありました。

20101127_01.JPG

20101127_03.JPG

元々薄暗いエリアなのですが、さすがにここはちょっと明るめに。
池袋にあるナンジャタウン内にある「餃子スタジアム」に似た雰囲気があるかな。
まぁ、あれに比べれると規模はかなり小さい。
出店しているお店は大阪を拠点としたたこ焼き屋5店舗。
5店舗しかないとも言えますが、だからこそ全部制覇する気満々でやってきましたよわーい(嬉しい顔)

ちなみに行ったのは土曜日の夕方(4時過ぎ)
写真ではそんなに人がいないように見えますが、週末という事もありテーブル席やカウンター席はそこそこ満席でしたね。
でも回転も結構早いのか、そんなに立って待っている人はいませんでした。
私たちもぐるりと席を探しているうちにポンと空いた席に座れましたしねるんるん
そして、各お店にも多少人は並んでいたけれど、5分も待てば買えるぐらいの行列しか出来ていないあせあせ(飛び散る汗)
この手のイベントの混雑ぶりに辟易している所もあっただけに、ちょっと意外だったというのが正直な感想です。

まさか、あんまり人気ない・・・とかねたらーっ(汗)

さて、席をキープした後は早速お買いものスタートです。
ぐるりとお店を見た所、どのお店にもそれぞれ「一押し」という商品があるのですが、全部の味を楽しんでもらおうということなのか、3〜4つの種類をそれぞれ少しずつ入れた「スペシャル盛り」みたいのも用意されていました。

私たちもどれを買うか結構迷ったのですが、あれこれいろんな種類に走るのではなく、これが食べたい!って思った物を買う事にしました。

まず最初に買ったのはこれ!

20101127_02.JPG

天王寺アベノ タコヤキやまちゃんの明石焼きですよ〜ぴかぴか(新しい)

ネギたっぷりタコヤキが一番人気のお店だったようですが、明石焼きが食べたかったので問答無用にこれ買っちゃいましたわーい(嬉しい顔)

実はうちの母親が関西出身という事もあり、子供の頃道頓堀のたこ焼き屋に連れて行ってもらった事があったんです。
その時に母が「これもタコヤキなんだよ」といって差し出した明石焼きを見た時の衝撃は大きかったなぁ〜。
そしてあの「トロッ・フワッ」な食感黒ハート
今でこそ東京でも探せば明石焼きが食べられますが、今から◎十年前のあの頃は関西に行かなければ食べられなくてね。
大阪に行く度に親にねだったのを今でも思い出します。

その時の味を思い出したのは言うまでもありません♪
ソースの濃厚な味も美味しいけれど、やっぱりこのだしで食べる明石焼きも捨てがたいですね。
そして面白いのが、ここの明石焼きは何故か大きな一枚のりがデーンとしいてあるんです。
これって何か意味があるんですかね??
私たちは全然深く考えずこのお店を選んだのですが、パパが通りすがりの人に「そののりの敷いてある明石焼きを売っているお店は何処ですか?」と聞かれたらしいんですよね。
まぁ、それ位有名なのかなって事でグッド(上向き矢印)

引き続き買ったのは たこ家 道頓堀くくるの「おおたこ入りたこ焼き」ですよ!

20101127_04.JPG

オーソドックスにマヨネーズと鰹節で食べたのですが、これぞたこ焼きって感じでしたね。
タコも確かに大きかったですよ。
ここの明石焼きも食べてみたかったのですが、さすがに止めておきました。
うーん残念。

引き続き3店目。

20101127_05.JPG

たこやきの元祖 本家会津屋の「たこ焼きスペシャル」(←すいません・・・ちゃんとしたネーミング忘れちゃいました)
ようするに、お店お勧めのたこ焼きが3点入った奴です。
見ての通り、普通のたこ焼きよりかなり小ぶり。
そして生地に味がしっかり付いているせいもあってソースや青のりがないそうなんです。
こういうタイプのたこ焼きは初めてだったので、結構ビックリです!!

で、お味ですが・・・うーん、私はぼちぼちかな。
生地に味が付いているので、焼きあがりが香ばしい。
美味しいと言えば美味しいのかもしれないが、私には何故かソースせんべいを食べている気がしてしまいました・・・。

で、4店目はちょっと目新しさを求めて たこやき工房 Sea&Sun の「明太子マヨネーズたこ焼き」でございます。

20101127_06.JPG

見ての通りソース味じゃないんですよね。
じゃ、明太子マヨネーズの味が凄いかと言えば実はそうでもなく、このたこ焼きが凄いのは使われているガーリックオイルじゃないかな。
匂いと味が結構前面に出ていてこれまたビックリ。
そしてさらにびっくりしたのが、明太子を一切食べないパパがこのたこ焼きを普通に食べていたってことでしょうかね。
パパに言わせると「明太子が全然気にならないほどオイルの味が・・・」って事らしいあせあせ(飛び散る汗)
私は逆にちょっと油っぽくってたくさんは食べられない味かなぁ・・・。

味は悪くないし、ビールと一緒に食べればいいお味かも。
でも、正直おやつに食べる味じゃない・・・。
ちなみに食べなかったけれど、塩ガーリックたこやきなる物もあるらしい。
どんな味がするのか気になる所ですねぇ・・・exclamation&question

ようやく最後の5店目。

20101127_07.JPG

たこ焼き 十八番のたこ焼き。

見た目は普通のたこ焼きに見えますが、ここの特徴は天かすがたっぷり使われている所。
この天かすが焼かれている所がカリッとなっていて、たこ焼きらしからぬ食感を与えていましたね。
それが印象に残りましたが、味は普通でしたよ(←いいのかそんな感想で・・・?)
自分で買ってきたくせにパパは「塩たこ焼きも食べてみたかったなぁ〜」と言ってました。
味の冒険しない男なのよ・・・うちのパパはねモバQ

でもさすがにもう食べられません!!パンチ

3人で5皿食べれば十分でしょ〜!!
娘も最後はゲップしていましたしねふらふら

そんなこんなでたこ焼きタイムは終了。
さすがにこの日の夕食は食べられませんでした・・・粉物はお腹が膨れるね〜。

まぁ、まだ食べていないメニューもありますが・・・素朴な疑問がわいてきた。
これっていつまで開催されているんですかね?

まぁ、また行ける機会があったら今回食べられなかったメニューにも挑戦したいと思います。




posted by とんとん at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | おそとごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

ひじきサラダ(もどき)

ひじき・・・が大好きってわけじゃないのですが、体にもよさそうなのでなるべく食事に出したいなぁって日頃思っているんです。

ただ、あまりパッと思いつく調理法が無いのが寂しい今日この頃。
一番メジャーなのはひじきの煮物ですが、他にもひじきレシピを見ると結構家で作ってみたりします。
今回作ったのはこれ。

20101125.jpg

タイトルは「ひじきサラダ」にしていますが、あまりにも肉肉しいかなあせあせ(飛び散る汗)

レシピは簡単。
1.玉ねぎ、ピーマン、パプリカなどを薄くスライスして、戻したひじきと一緒にボウルに入れる。
2.ニンニク(1かけ)をみじん切りしてサラダオイルで焦げないように炒めて、そこに合びき肉を入れる。炒めあがったら、醤油とお酢(1:1)とコショウ少々で味付け。
3.炒めた汁ごと1のボウルに入れて和えて出来上がり。

アバウトなレシピですみませんたらーっ(汗)

随分昔、テレビか何かで紹介されていたレシピだったかな〜って思います。

本当は「牛ひき肉」を使うのですが、手軽に手に入る合びき肉で。
実はこれを普通の豚ひき肉で作った事もありますが、ちょっと味が物足りなかったのでやはり合びきの方がいいかなぁって勝手に思っています。

あと、お酢と醤油は同量・・・私は大体大匙2杯ずつで作っていますが、少し醤油を控えてもいい感じのお味です。
お酢が苦手な人は少し味の基を入れるとつんとした感じが和らぐかな。

今回はメインのおかずが魚でちょっと物足りなかったので、お肉の割合が多くなっています。
こうするとしっかりとした「副菜」になりますよね。
サラダとして食べたいなら、お肉は控えめにするとグッとサラダ感が増しますよ。
ちなみにお肉を入れないのは物足りなさすぎだと思うとんとんですバッド(下向き矢印)

注意は冷蔵庫などに入れると油が固まって白浮きしてしまうので、作ったらその日のうちに食べる事かな。

これは食いしん坊の娘も大好きで良く食べるし、お酢の苦手なパパもちゃんと食べてくれる一品です。
ヘルシーかと言われれば微妙ですが、まぁ健康にはいいかなって事でご紹介しましたよ。
posted by とんとん at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

陳麻婆豆腐

またまた外ご飯ネタ。

この間、パパが平日お休みの日に二人でお台場に行ってきた。
目的は「劇辛麻婆豆腐を食べようグッド(上向き矢印)」でございます。

実は私は辛いものが結構好き。
そんな中でも何度かリピーターで行くほど気に入っているお店が、お台場デックス東京ビーチ内、お台場小香港にある。
それがここ「陳麻婆豆腐」だ。

20101122_02.jpg

ここの麻婆豆腐は唇が腫れるほど辛いんだけれど、何故か病みつきになるお味でしてね。
私としてはちょこちょこ行きたいのですが、なんせ娘が食べられるものがほとんどない。
一度連れて行った時はスープとご飯のみになり、しかも麻婆豆腐の中に入っていた豆腐を少し水で洗ったのを食べさせようとしても拒否される始末。

そんな訳で暫く足が遠のいていたのですが、久しぶりに行ってみたいという事で行ったのですが・・・

20101122_01.jpg

なんと閉店していましたもうやだ〜(悲しい顔)

嘘〜たらーっ(汗)たらーっ(汗)
私、かなり悲しいです。
とりあえず系列店がまだ新宿など数店舗あるようなので、機会があったら行ってみたいと思います。

いつまでも あると思うな お気に入り

まぁ、そんな心境です。

ちなみに私が気に入っていたこのお店がどんな感じか、結構詳しく書いているサイトを見つけたのでご紹介。

めちゃくちゃ辛い - 陳麻婆豆腐  〜HP「世界再見」より〜


とはいえ、すっかり辛いものを食べるモードになっていたので、今さら後に引く事は出来ません。
という事で、同じく「お台場小香港」内にある「九龍餃子楼」で激辛ラーメンを食べる事にした。

20101122_03.jpg

食べかけですみませんあせあせ(飛び散る汗)
5つの坦々麺(とうもろこし・黒胡麻・白胡麻・カレー・辣辣)があるのですが、私が食べたのは一番辛い「辣辣坦々麺」

マジ辛かったどんっ(衝撃)
ラー油が浮きまくっていて、ひたすら辛し。正直スープは飲めませんでした。
半分我慢大会状態になりましたが、とにかく辛いものが食べたかったのでこれはこれで良しとしましょう。

あ、でも始めて食べるなら「白胡麻坦々麺」が美味しいかも(←ちなみにパパが食べた)
こちらはかなりマイルドなお味で、辛さよりはコクの方が増していたかな。

それと鉄板餃子も食べましたが・・・ま、普通かな。

ちょっと拍子抜けのランチタイムでしたが、子供の事を気にせずに好きなメニューが選べるのはやっぱり楽しいものです♪
次回お台場に来る時は子供連れで「お台場たこ焼きミュージアム」に行きたいと思っているとんとんでーすわーい(嬉しい顔)
posted by とんとん at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おそとごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。