2012年01月10日

うまみ調味料「この味」

塩麹に続いてご紹介するのは、この調味料。

konoaji.jpg

先日、実家の近くにある百貨店で見つけた「この味」という調味料です目
お店で見た時には、単に

「この味」ってどんな味だよーわーい(嬉しい顔)

っていうお笑いネタとして手にしたのですが、家に帰ってからきちんとHPで確認すると

うま味調味料「この味」とは、かつお、こんぶ、椎茸の「うまみ成分」と「塩」で作られており、 手軽に料理の味を引き立たせる調味料です。  (原材料;アミノ酸等、食塩)
うま味調味料「この味」は、昭和28年(1953年)創業以来業務用として、50年以上使われて きた実績ある調味料です。


と、かなり由緒正しい調味料であることが判明しましたひらめき

す・・・すみませんあせあせ(飛び散る汗)お笑いネタとして取り上げようとしてふらふら

ようするに「うまみ成分」と「塩」だけで構成されている調味料なので、「醤油」や「塩」の代わりに使っていくのがいいらしいとのこと。

とりあえず「まず舐めてみろ」という事なので、舐めてみた。

予想通りしょっぱいです・・・目

そして引き続きお勧めという卵がけご飯を食べてみた(この味と醤油を1:1)

まぁ、美味しいかな目

引き続きお勧めとかかれている卵焼きを作ってみた。(卵二個につき、この味を小さじ1〜2杯いれるとだし巻き風の卵焼きができる)

おー、確かにだし巻き風になっている目

と、正直まだ使いこなせていないのが現状かなふらふら

「醤油」や「塩」を使う代わりに様子を見ながら「この味」を使っていくようなのですが、使い慣れていないこともありいい塩梅が見つけられないんですよね〜。
ちなみに、この卵焼き・・・パパと娘にはいまいち不評でした。
というのも、パパは生粋の江戸っ子なので卵焼きは砂糖と醤油がたっぷり入った「甘い卵焼き」が好きなんですよね。
なので、私も家で作る卵焼きは「甘い卵焼き」なので、この味に慣れたパパや娘にしてみると「甘くない〜」って気分になっちゃうみたいです。
ちなみに、私も子供の頃大阪でお店を出していた母方の親戚が作っていた「全く甘くない厚焼き卵」を食べて衝撃を受けた記憶がありますがく〜(落胆した顔)
うどんの汁を始め、各地によって色々味つけが違うもんなんですよね〜。

ま、この味バージョンの卵焼きは却下されましたが、まだ公式HPにはこの調味料を使ったレシピがたくさん紹介されているので、色々試してみたいとは思います。

ただ、リピはしないかもぉぉ・・・たらーっ(汗)

posted by とんとん at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピチャレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。