2011年03月23日

久々のパン作り

細々と食べていたパンがなくなった我が家。
先週は壊滅的だったパン市場ですが、ようやくスーパーにも並び始めましたね。
なので、買いに行っても良かったのですが、せっかく購入した本「少しのイーストで ホームベーカリー 天然酵母コースでゆっくり発酵 (少しのイーストでゆっくり発酵パン)」があるのですから、久々にパンを作ってみる事にしました。

この本、以前エントリーしたベーグルレシピの著者が書いた物なんですが、この方のパン作りの特徴は「少しのイースト」と「長時間発酵」。
さて、これをどうHBを再現するのかなぁ〜と思ってましたらね・・・少しのイーストは、まぁやっぱり少しのイーストですね(←当たり前じゃん!)
で、長時間発酵ですが・・・これはHBに搭載されている「天然酵母パン」のコースを使う事によって実現したようです。
天然酵母パンのコースは最近のHBには比較的着いているようで、私の持っているHBにももちろんあります。通常パンの場合4〜5時間で出来るのですが、この天然酵母のコースは発酵時間がすごく長いため、なんと7時間かかるんですよねぇ〜あせあせ(飛び散る汗)

この節電意識を高めなきゃ行けない時になんてこと!!ふらふらと思いましたが、作ってみたい誘惑には結局勝てずバッド(下向き矢印)作った日は計画停電が全地域行われないという事だったのでチャレンジしちゃいました。

あ、そうそう。もう一つ特徴的なのは材料の入れ方ですね。

20110322_01.JPG

分かります〜?
こんな感じで粉に傾斜をつけて、低い方に塩や砂糖や水分を。
高い方にバターを置く感じになります。
そしてイーストは自動投入を使わず、なんと粉の中に隠しておくのもポイント。
空気や水分に触れさせないためなんですって〜。
イーストは生き物ですから、丁寧に扱う必要があるのかもしれません。

・・・いつも乱雑ですがねたらーっ(汗)

で、あとはポチッとなひらめき
そして待つ事7時間後、労する事もなく出来上がりましたよ〜。

20110322_02.JPG

おぉ、なかなか可愛い♪
最近HBで作ったパンの中では非常に理想に近いフォルムですよ目

というのも、実は私の粉のセレクト(パンの専用粉を使う)と言う事もあるのですが、HBでパンを作ると非常に釜伸びして巨大化したパンが出来上がってしまっていたんですよね。
そしてそうやって巨大化して釜から飛び出してしまった部分・・・パンの上部側面が結構焦げてしまう事が多かったんですもうやだ〜(悲しい顔)
そういう時は水分や他の材料を加減する事によって、パンの膨らみを調整する必要があるらしいのですが、面倒くさくてちゃんとやった事がなくて毎回納得がいかないまま作っていたんです。

それが今回はいい感じに焼き上がりましてね〜わーい(嬉しい顔)
ワタクシ、大満足でございます♪

20110322_03.JPG

皮は結構しっかり堅めに焼き上がり、中は普段の物よりもっちり感が感じられます。
国産小麦を使っているせいもあるのかもしれませんね。

20110322_04.JPG

正直焼きたてはそんなに風味の違いを感じなかったけれど、冷めてからの方が「このパン、美味しいじゃない!」と思えましたね。
時間はかかるけれど、納得のいく出来上がりで嬉しいとんとんでしたハートたち(複数ハート)

posted by とんとん at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピチャレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。