2011年12月16日

HBのレシピ本

手ごねでパンを作るのも好きですが、やはり自力でコネコネするのは結構大変。
なので、HBも結構愛用しているんですが・・・何度か書いていますが、「これ!」ってピンと来るレシピになかなか巡り会わないのが悩みの種でした。

まずはHBについていたレシピからスタート。と、実はここで最初につまずいた。
HBで推奨されている粉ではなく、お店でわざわざ購入したパン専用粉(最強力粉など)を買ってしまったので、レシピ本のまま作ってしまうと巨大化したパンが出来上がってしまったんですね〜。
私の悪戦苦闘ぶりはこれこのエントリーでぼやいています・・・。

で、こういうパンが嫌でずっと作っていたのが、「少しのイーストでホームベーカリー」という本で紹介されていた、天然酵母パンを作るコースで作る方法でした。(エントリー記事はこちら

実はパンを作る時に「外国産の小麦」と「国産小麦」ではタンパク質の含有量が違う事もあり、作る際の水分量を始め結構違いがあるんですね。
ちなみにこの少しの・・・シリーズでは粉の風味が楽しめる国産小麦を利用して作るレシピなのですが、私もこのレシピで作る「食パンだけどちょっとどっしり密の詰まったパン」の方が、ふわふわしたパンより美味しく感じたのでこのレシピを愛用していました。

だがしかし・・・このレシピの難点は、天然酵母モードという長時間発酵のモードを使う為パンが出来上がるのに7時間近くかかる事。
ちょっとねーこれが長すぎる。
あ、パンなくなったから作らなきゃ・・・と夕方思って仕込むと、夜・・・ではなく、夜中に出来上がっちゃうんですよふらふら
タイマーがあまり好きじゃない私としては、これが結構大変でね。
国産小麦を使いつつ、普通のモードで焼けるHBレシピがないかなぁ〜と探していたところ、某所で「このHBのレシピ本は美味しい!」という書き込みを見て、またまた図書館でゲットしてきたという訳です。
それがこの本!



実際に店舗を構えているパン職人の方が、自分のお店の味をHBで再現できるのではないか?と試行錯誤を重ねて作ったこのレシピ本。
もちろん指定の小麦は国産小麦。でも、普通の食パンモードで焼くので、時間は4時間ほどで出来る優れもの。

早速いくつか試してみたんですがね・・・これがんまい!!わーい(嬉しい顔)
すっかりはまりました〜ハートたち(複数ハート)

レシピの数としてはそんなに多くはないと思いますが、比較的シンプルなお味のパンが多く、その辺が私の好みにぴったり。
(紅茶や野菜パンなども美味しいけれど、やっぱりごはん代わりに食べるには普通のお味の方が重要ですよねぇ)

特に我が家で人気が高かったのはこれ!

20111216_01.JPG

わかりにくいかもしれませんが、「白ごまと全粒粉のパン」なんです。
白ごまを煎って軽くつぶした物を入れて焼いたこのパン。出来上がり、香ばしい全粒粉と共にごまの香りがぷーんとただよい本当にいい匂いなんですよね手(チョキ)
何も塗らなくてもちょっと焼いて食べるだけでも満足!
ごま好きな我が家にはスマッシュヒットのレシピとなっています。

ちなみに、実は以前パン教室でこんなパンを焼きました。

20111216_02.JPG

これはトルコのパンで「シミット」と言います。ドーナツ型のパンにごまを付けて焼いています。
「ドーナツ」と例えましたが、生地は結構しっかりしていて歯ごたえがあるこのパン。
娘が好んで食べてくれて嬉しかったのですが・・・問題は食べる時に周りに付けたごまがボロボロ落ちる事だったんですふらふら
お陰で豪快にパンを食べた後、娘がすくっと立ち上がるとゴマがざーっと床に落ちるという副産物ができてしまいましてね・・・。
困ったもんだなぁ〜と思っていたんですよ。

でも、このパンならゴマを楽しみつつも周囲を汚さずに食べてもらえるじゃありませんか!

ブラボームード

と言う事で、久々にHBのレシピ本を買う事にしましたよ!
手元に置いて色々なレシピを試してみたい物です〜。


・・・あら、ダイエットはどこへ・・・目
posted by とんとん at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピチャレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。