2011年12月05日

マロンさんのキーマカレー

curry.jpg

なんか写真だけ見ると微妙な色合いで申し訳ないですが、今日のご紹介はタイトル通り「マロンさんのキーマカレー」ですよ。

料理の本を眺めたりテレビの料理番組を見ては、とりあえずあれこれ作ってはみるんだけれど、そのうち何度もリピートするようになる料理って言うのはあまりないんですよね。
でも、このキーマカレーはその珍しい「リピートしている料理」のうちの一つなんです。

マロンさん・・・というのは料理研究家のマロンさんの事。(ちなみに男だ)
以前「おネエMANS」という番組内で「15分で作れるキーマカレー」というのを紹介してくれたのだが、これが簡単でかつ美味しかったんですよね。
レシピはこのサイトに載っていたので分量など興味のある方は参考にして頂ければいいと思います。

ちなみに何が便利だったかというと、電子レンジで簡単に作れるところ。
にんじんとタマネギをすり下ろしたものなどに油を入れて電子レンジでチンひらめき
挽肉の他にカレーのルーとトマトのざく切りにちょっと調味料を入れて再びレンジでチンひらめき
混ぜて出来上がり揺れるハート

と、まぁ簡単なんですよ。
カレーのルーを使う時点で味にしくじりはありませんが、そこにトマトやら醤油やらヶ入るのが「マロンマジック」なのかなわーい(嬉しい顔)我が家では結構好評な一品になっています。

特にうちのパパは不規則な仕事をしているので、夜中でも「夕飯食べたい・・・もうやだ〜(悲しい顔)」といって帰ってくることが多いのですが、そういう時にもあまり手間暇かからず、しかもどーんとお腹のたまる一品料理が出来るので助かるんですよね。
ただし、結構油分があるので決してヘルシーとは言いがたいのが難点かな。
ま、カレーなんてどれも同じと言えば同じですけれどねふらふら

お急ぎのお昼の時などは便利かと思いますよー。
カロリーを気にしない方はどうぞお試しあれあせあせ(飛び散る汗)
posted by とんとん at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピチャレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

イギリス食パン

この間のパン教室で習った「イギリス食パン」を復習してみました。
このパン、結構こねるのが大変なんですよねふらふら
でも、ちょっとがんばってこねてみました。

さて、今回何故これを復習したかというと、レッスンの時はこねまでは上手くいったのですが、その後焼く時にちょっとしたトラブルがあり本来の釜伸びが得られずにがっくりしたからなんですね。
なので、早めに復習したくてやってみた結果はこんな感じになりました・・・。

20111130_01.jpg

ん〜微妙もうやだ〜(悲しい顔)

とは言うものの、実はちょっと別に気になる事があるんです。
今回はパン教室で習ったレシピで作ったのですが、うちにある「1斤の金型」に付属しているレシピや他のサイトなどで紹介されているレシピよりちょっと粉の量が少ないんですよ。

大丈夫なのかなぁ・・・と思いつつ焼き、早速計測。
すると、教室で作った時のパンよりも明らかに長さがあるんです。

1斤と言えばサイズは一緒だと思っていましたが、その後ぐぐってみたら微妙に違うんですね・・・。
うーん、なんかしっくり来ない!
今度の教室の時にちょっと先生のところで使っている金型とうちのやつと比べてみよう!

と、なんか失敗を金型のサイズのせいばかりにしているようですが、それだけじゃないんだなぁ。

20111130_02.jpg

うぅ、成形の時の甘さがでて、空洞部分がちょっと出来ちゃったがく〜(落胆した顔)
やっぱり修行が足りませんなぁ〜。

と言う事で、反省を踏まえてまた近々がんばって作ってみたいと思いまーす!

posted by とんとん at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピチャレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

ドライフルーツのケーキ

お友達のUちゃんが最近作ってヒットしたというドライフルーツのケーキを作ってみましたよ。
参考にしたレシピはこれ!またまたなかしましほさんのレシピです♪



この方の本はアマゾンとかで見るととてもレビューが多く、結構人気ですよね。
バターや生クリームを使わずにお菓子が作れてヘルシー・・・と言う事で、今のワタクシにはぴったりでしょうわーい(嬉しい顔)と言う事で、早速チャレンジしてみました。

まずこの方のポイントはお菓子作りとしては準備が簡単。
材料を用意してみました。

20111001_01.JPG

今回の分量で18p×8p×6pのパウンド一本が出来上がります。
以前100均で買ったパウンド型が丁度このサイズだったので今回これを利用してシートをしきます。
手前向かって右側に粉物を計測。粉は薄力粉・全粒粉・アーモンドパウダー・ベーキングパウダー。
向かって左側にあるのがメインのボウル。
中身はこの方のレシピの特徴でもある菜種油・メープルシロップ・豆乳・きび砂糖がはいっています。

このメインのボウルをかき混ぜて、砂糖が溶けた辺りで粉を振るって投入。
さっくり混ぜてまだ粉っぽい状態の時にドライフルーツとクルミをどーんと投入。

以上で生地が出来上がる・・・と言う訳です次項有次項有早!

さて今回意気揚々とこのレシピにチャレンジしたのにはちょっとした訳があります。
実は私、このブログでもちょっと書いた事がありますが「ラムレーズン」を自家製で作っていたんです。
ただ、本来美味しく作る為にはいきなりラム酒に付けるのでは無く、砂糖やレモン汁などで煮るなど前準備をしてあげた方が良かったのに、全然そんな事知らなかった私は、ラム酒にどーんとレーズンをいきなり漬けてしまったんです。
結果、一粒食べただけでも悪酔いするほどのラムレーズンが出来上がってしまいましてねふらふら
これをどうした物か考えあぐねている状態だったんです。

で、今回ついにこのラムレーズンを登場させる事になった・・・と言う訳です。
もちろんラム酒から取り出して、これでもかーって程キッチンペーパーで汁気を拭き取りましたよあせあせ(飛び散る汗)
前回パンに入れた時には適当にしたが為にパンがラム酒臭くてほとんど食べられない状態になったんでねぇもうやだ〜(悲しい顔)同じ過ちは繰り返したくありません!

とまぁ、鼻息粗く作った生地がこれ

20111001_02.JPG

これを180度のオーブンで35分焼く・・・のですが、ここで軽くミステイク。
昔、抹茶パウンドを作った時もそうだったのですが、どうもパウンドケーキを作る時は本やレシピに載っている時間の通りやっても若干焼きが甘いんですよね。
その事を焼き始めた時点では忘れちゃっていましてね〜たらーっ(汗)
35分で取り出した所、ちょっとや黄色が薄いのが気になってもう5分追加したんです。

で、出来上がったのがこちら。

20111001_03.JPG

うーん、気持ちまだ焼き色が甘い。
一応竹串で刺しても生地が付いてこないので、ちゃんと焼けてはいるんでしょうがね〜。
とりあえず今回はこれで終了。

20111001_01.JPG

うーん、やっぱりもうちょっとか?と思いつつもとりあえずシートを取ってみた。
焼き上がった生地は触っただけでも分かるほどかなり柔らかい。
友達も書いていたが焼き上がりはかなり柔らかく、全然パウンドっぽくない。

とりあえず、冷めてから端を少し切ってみた。

20111001_01.JPG

うほっぴかぴか(新しい)ドライフルーツやらクルミやらみっちり入っていて見た目美味しそう。
一口食べてみると、やっぱりホロリとして口当たりが柔らかい。
いつもママ友がくれるパウンドケーキはもっとどっしりとしているのに比べると「大丈夫か?」と思うけれど、よくよく考えたらレシピが全然普通のパウンドとは違うんですものね。
全く同じ食感になる方がおかしいってものですよ。

それに、味自体は結構私好みのお味。
ラムレーズンもしっかり汁気を取ったせいか、焼き上がりではいい風味となってケーキと一体化していますし、ヘルシーケーキとしては充分甘みもうま味もあって、焼き上がりの段階でも充分堪能する事が出来ましたハートたち(複数ハート)

友達曰く、一晩おくとまた感触が変わり、いい感じに化けてくれるらしいですよ!
と言う事で、今夜は娘の手の届かないところに保管中手(チョキ)
明日以降に期待です♪

posted by とんとん at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピチャレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。