2011年02月13日

山形食パンをつくってみた

先日のエントリーで写メをアップしましたが、この間山形食パンを作ってみました。
ちなみに参考にしたレシピはこの本から左斜め下



レシピ本ですが私自身大好きなこともあって結構持っている方だと思うんです。
ただ、パンに関してはホームベーカリー用のヤツを一冊と、初心者向け用の手ごねの本が一冊の計2冊だけしか持っていない。
(それだけ持っていれば充分何だと思いますけどね〜ふらふら
ただ、最近手ごねに目覚めてきた私としては、もう一冊ぐらい手順が細かく載っている本が欲しいなぁって思っていたんです。

で、図書館で色々探した結果この本を発見。
他にも気になる本があったのですが、お値段の割に色々なパンの作り方が載っている&手順がかなり細かく(ってか、細かすぎるほど)載っているということもあって、ついにゲットしてしまったんです。

で、早速作成です。
色々作りたいものはあったのですが、あえて食パンを選んでみた。
このセレクトもそんなに深く考えたわけじゃなかったんだけれど、これが実は大誤算。
この食パン・・・この本の中でも時間がかかるタイプのパンで、なんと所要時間5時間かかるんです。
最大の要因は一次発酵を90分(普通は大体60分)をとった上に、さらに再度発酵40分することかな。ちなみに、二次発酵はまた別に60〜70分取るので、発酵だけでも3時間以上かかるんですよあせあせ(飛び散る汗)
うちのオーブンレンジのレシピにあった食パンでも、発酵を2回取っているので、食パンはそういうものなのかもしれませんが、それでも最初に90分も取るのは初めての経験。
写真には納めませんでしたが、90分終えた生地を取り出した時は、あまりの巨大化&若干過発酵気味じゃないか?と思えるフィンガーテストの結果にどきどきしたものですがく〜(落胆した顔)
(過発酵だと、指を抜いたときに生地が萎んでしまうんです。萎みはしなかったけれど、ちょっとしわが寄った事が実は気になりました。)

ただ、逆をいえばこんなに膨らんだ生地を見たのも初めてだったので、それはそれで感動ものだったんですけれどね手(パー)

そんな訳で、とにかくひたすら時間をかけて作ったこのパン。
朝の7時から作り始めて、出来上がったのが昼の12時半。
せっかくお昼に食べようと思って作ったけれど、娘は待ちきれず他のパンをもぐもぐ食べ始める始末ふらふら
タイミングよく作るって難しい〜あせあせ(飛び散る汗)

でも、めげずに焼き上がりを待つ。

20110213_01.JPG

出来たーわーい(嬉しい顔)
上の部分には焼く前に卵を塗ってあるので、かなり色がつきましたが、側面もいい感じでしょるんるん

20110213_02.JPG

中の肌理もとてもきれいだし、外はかりっと、中はふわふわいい感じ。
そしてなんといっても、HBとは違いパンに穴がないのが個人的には嬉しいかな。

一つ失敗したかなって思ったのは無塩バターの指定を有塩バターでやってしまったせいか少し塩気を感じた事ぐらいかな。
でも、パパは全然気にならないっていうし、気にしすぎなのかも。

結論を言えば、時間に余裕があるならまたこのレシピに再チャレンジしてもいいかもわーい(嬉しい顔)
他のパンを試すのも楽しみです揺れるハート

posted by とんとん at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピチャレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

コッペパンを作ろう!

フランスに住んでいる友達はCOOKPADを見て料理を作るのが好きらしく、メッセをすると必ず「このレシピ作ってみたの〜」とか話題に上がるんです。
で、先日そんな風に話した時に出た「コッペパン」を自分でもどんなものか作ってみよう!と思いチャレンジしてみました。
参考にしたレシピはこれ!左斜め下

Cpicon 昔ながらのコッペパン☆ by あやちぱん

まずは材料から

20110203_01.JPG

強力粉・薄力粉・塩・砂糖・イースト・牛乳・マーガリンと言うシンプルな素材。
ま、コッペパン自体素朴な味わいですからね。
マーガリン以外の材料をボウルに入れて最初に軽くまとめるのですが、思ったよりも始めから固くて扱いやすい生地だったのはビックリですね。
いつもなら手や台にべたべた付くのをカードで取りながら混ぜるのですが、これはあまりそういう事が無かったのが印象的。

だがしかし!

20110203_02.JPG

ある程度まとまってからマーガリンを投入したんだけれど、バターより柔らかいマーガリンなだけに混ぜ始めたら今度は生地がツルツルしてたーいへん!
ここからは一生懸命コネコネして、何とか生地を仕上げました。

一次発酵は40度で40分。
軽くガス抜きして8等分後ベンチタイム(15分)
その後形成して二次発酵へ向かいます。

20110203_03.JPG

ナマコ形にしたのですが、形成がへたっぴなので所々形がおかしくなっています。
まぁ、御愛嬌と言う事で・・・。

このままレンジで二次発酵。
その後オーブンを190度に余熱して、15分焼き上げました。

20110203_04.JPG

こんな感じ。結構いい色に焼きあがりました。
レシピの方は17分焼いていたようですが、うちではこれぐらいでいいかなぁって感じです。

お友達のKちゃんは子供にホットドッグを迫られてこれを作ったらしいのですが、私は夕飯に作ったチキンカチャトーラに合わせて頂きました。

が!コッペパンと言ったらこれだろう!!という物が私にはあります。
それがこれ!

20110203_05.JPG

そう、あんこですよ〜わーい(嬉しい顔)

コッペパンと言えば、パン屋の店先で「あんこ+マーガリン」や「ピーナッツバター」などをパパっと入れてもらいおやつにして食べたものです。
今回お見せしたこれは、以前かっぱ橋にお買い物に行った時に見つけたスティックタイプのあんこなんですよ。
ちょっと割高かもしれませんが、使いきりなのでこんな風におやつにちょっと使う時などとても便利ですvv

お味は確かに昔懐かしい・・・って感じかな。
手に持って食べるのにいいサイズなので、子供のおやつにどーぞって感じのパンかも。
また機会があったら作ってみたいと思いますv


posted by とんとん at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピチャレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

クリームリッチ食パン

前回作った生クリーム食パンのリベンジと言う事で、別の本に乗っていた「クリームリッチ食パン」なるものを作ってみました。
レシピはこの本から拝借〜左斜め下



ホームベーカリーを新調した時に購入したレシピ本ですが、実はこの中から作ったのは初めてなんですよね。
生クリームを使ったパンがないかな〜って思って読みなおしてみた所、このレシピを発見。
本の中で色々カテゴリーが分かれているのですが、当然このパンは「richstyle(贅沢パン)」に入ってましたよ。
当然ですね〜。
だって生クリームのほかにバターも砂糖もそして卵黄まで入れて作る食パンですからわーい(嬉しい顔)

で、出来上がったらこんな感じでした黒ハート

20110125.jpg

焼きあがりのいい匂いからも想像がつきましたが、実際食べてみてこのパンの美味しい事にビックリですよわーい(嬉しい顔)
皮は少し焦げている様に見えますが、実際はそんなに気にならずサクサクした感じ。
そして黄色みを帯びた中の部分はフワフワでほんのり甘くいいお味。
デニッシュに近い食感&お味で大満足。
味見したパパは「ボローニャのパン見たい」と非常にご機嫌。
正直材料費はかなりしますが、それだけのお味だと家族一同大満足致しました。
うふふ・・・これはまたリピートしたいなぁって思っていますよ。

昨日の夜焼いたこのパンですが、今朝は軽くトーストして食べてみました。
うーん、非常にサクサクしておいしいですvv
朝から嬉しい気分のとんとんでしたわーい(嬉しい顔)
posted by とんとん at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピチャレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。